お問い合わせ

TEL:04-7159-8785

留守番電話になっているので、お名前と電話番号をお話しください。折り返しご連絡いたします。また下のお問合せをクリックすると、メールでの問合せができるので、そちらの方が便利です。なお時折返信がブロックされる場合があるので、電話番号もお書き添えください。


月・火・木・金
18:30~22:00

 

水・土

18:00~22:00

 

日曜日と祝祭日は休みです

 

お問合わせはこちらから

             学力テスト結果  

 

        中学3年生  

 

               〇中学3年生 (10月号)

  総合成績               国 語     数 学      英 語 

1   位257点         88点      89点      80点

2   位235点           84点      81点      77点

3 位220点           82点      78点      64点

4   位213点           77点      67点      58点

 

 教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語82.75点(+22)、数学78.75点(+16)、英語69.75点(+10)、3教科平均231.25点(+48)です。なお、カッコ内は全国平均点との差で、例えば月号の3教科は全国平均点より学究舎の平均点の方が48点高いことを表しています。

  全体的に問題が易しく、全国平均で30点近く上がっているのですが、当塾の生徒の得点の上昇が追いついていません。そのためかなり成績を落とした生徒がいます。基本的には力不足です。問題が易しければ高得点を、たとえ難しくてもそれに対応できるのが本当に力がある生徒です。いちばんの問題は英語でしょう。例年トップレベルの生徒は90点未満になることはありません。この学年は声の小さい生徒がほとんどなので、効果が薄いのかもしれません。音読をrenewalしました。参考にしてください。

 

※音読(renewal)

 英語の音読がうまくいっていない生徒がいます。基本的には一文30回で、10回ずつ3日に分ける方が効果的です。50回できればなお良しです。回数は自分の感覚で調整してください。

 読むときには日本語の意味ではなく、英語のままイメージして頭から意味をとりながら読みます。文法事項とスペリングも意識しながら読みます。覚えようという意識は必要ありません。覚えるというよりも身につけるという感覚で、自然と体にしみこんでいつの間にか覚えてしまいます。

 これを続けるとテストで出る長文読解の英語も日本語に訳さずに英語のまま読みこなせるようになります。外国人との会話も可能になります。なお教材は教科書か当塾のテキストですが、時間に余裕があれば自分の判断で何かを探してもよいと思います。毎日根気よく続けてください。

 以前、英語だけが不得手な中学3年生がいて、その生徒が2学期から英語の成績がぐんぐん伸びてきました。その生徒は「ガンガン音読をしている」と言っていました。その「ガンガン」からその生徒がどのような熱量で音読したかが想像できます。その生徒は最終的には早稲田実業に合格しました。

 なお、声が小さいと自分の声が耳に入ってこないので、効果が薄れます。ご注意ください。

 余談ですがその生徒がアルバイトをしていた南流山の駅前の飲み屋さんで、大学生になっていた彼と偶然出会いました。袖の下からそっと割引券を出してくれました。ばれると怒られると言っていました。

 

             〇中学3年生 (11月号)

  総合成績               国 語      数 学      英 語 

1 位 274 点        84点      96点      94点

2 位 217 点        80点      82点      73点

3 位 200 点          70点      76点      54点

4 位 189 点          62点      70点      39点

 

教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語74点(+14)、数学81点(+20)、英語65点(+15)、3教科平均220点(+49)です。

 

 

             〇中学3年生 (12月号)

 総合成績                国 語     数 学      英 語 

1 位 264点        76点      96点      94点

2 位 223点        74点      83点      76点

3 位 194点          72点      70点      54点

4 位 184点          62点      64点      42点

 

 教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語71点(+12)、数学78.25点(+17)、英語66.5点(+13)、3教科平均216.25点(+42)です。

 

 

 

 

 

               〇中学3年生 (1月号)

  総合成績               国 語    数 学      英 語 

1 位 259 点        84点      88点      89点

2 位 247 点        82点      80点      83点

3 位 199 点          76点      68点      59点

4 位 186 点          72点      68点      42点

 

 教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語78.5点()、数学76点()、英語68.25点()、3教科平均222.45点()です。

 

 

 

 

 

 

 

     

        中学1年生 

 

  

      〇中学1年生 (11月号)

   総合成績              国 語     数 学      英 語 

1   位 289点        96点      96点      97点

2   位 272点          92点      88点      97点

3 位 257点          88点      88点      94点

4   位 251点          87点      84点      81点

5   位 249点          84点      84点      77点

6   位 236点          76点      84点      76点

7   位 224点          71点      80点      73点

8   位 208点          71点      76点      60点

9   位 198点          65点      76点      57点

10 位 183点          60点      61点      56点 

11 位 156点          54点      49点      47点

 

  教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語76.73点(+14)、数学78.73点(+14)、英語74.09点(+15)、3教科平均229.36点(+43)です。

 

 3教科の+43は前回と同じである。というよりは夏休み以降、ほとんど伸びていない。今回は英語の得点が80点未満の生徒には音読用紙が出ている。ただしこれはやらされている勉強である。自主的に自分でやれると英語は強烈に伸びるものだ。

 17日の授業で、以前実施した一次方程式の応用問題を再度行った。人によっては何度も再テストを受けた問題であるが、その結果は悲惨なものだった。21問のテストであるが、一人だけ20問正解の生徒がいて、その次の生徒は正解の数が14,13,12という具合だった。何人かの生徒は半分もとれなかった。

 一度やった問題をどれだけ体に入れられるかが学習で、単に形だけ勉強したというのは役に立たない。もう一度自分の学習を考え直すきっかけになればよい。なお、答案は持ち帰っているので、見てやってください。

 

※数学の学習は問題の解き方を覚えることではない。自分が行った問題の解き方をすべて覚えるのは不可能である。たとえおぼえてもいつかは忘れてしまう。そうではなくて、自分が解けなかった問題の何がわかれば解けたのかを考え、わかればそこだけを入れる。それがいわゆるポイントである。ポイントは個人で異なる。2回の復習を実行してください。

 

 

      〇中学1年生 (12月号)

    総合成績              国 語     数 学      英 語 

1   位 280 点        86点      97点      97点

2   位 253 点          84点      90点      91点

3 位 253 点          84点      85点      90点

4   位 245 点          80点      84点      89点

5   位 244 点          78点      81点      88点

6   位 241 点          72点      80点      88点

7   位 222 点          70点      77点      73点

8   位 219 点          68点      74点      70点

9   位 213 点          64点      70点      63点

10 位 183 点          64点      58点      57点

 

          教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語75点(+11)、数学79.6点(+19)、英語80.6点(+18)、3教科平均235.2点(+51)です。なお、カッコ内は全国平均点との差で、例えば数学の学究舎の平均点は全国平均よりも19点高いということです。

 

 現在の中学1年生は、12月までの集計ですが学力テストの偏差値の上昇率で+10が1名、+8が2名います。ただし例年冬の講習を挟んだ1月号で生徒の成績が大きく伸びるので、1月19日のネットでの成績発表が注目です。なお、その結果は1/19の授業の際にコピーで各生徒に配布します。

 

 

      〇中学1年生 (1月号)

    総合成績              国 語     数 学      英 語 

1   位 286点         92点     100点     97点

2   位 275点           86点     100点     97点

3 位 254点           82点      97点      91点

4   位 253点           82点      89点      89点

5   位 249点           76点      89点      88点

6   位 245点           76点      89点      85点

7   位 236点           64点      88点      83点

8   位 232点           48点      81点      82点

9   位 205点           44点      79点      79点

10 位 203点           40点      71点      74点

   

教科別の得点は横の関係はありません。

 

 平均点は、国語69点(+21)、数学88.3点(+27)、英語86.5点(+33)、3教科平均243.8点(+80)です。なお、カッコ内は全国平均点との差で、例えば英語の当塾の平均点は全国平均点より33点高いことを示しています。

 なお、今年も過去9か月の進度を表す表を作ってみました。矢印の左側が昨年4月号の偏差値で右側が本年1月の偏差値です。

 今年は他の年に比べてもかなりの伸びで、冬の講習を経た1月号が著しい伸びを示しています。このホームページ内の「なぜそれほど成績が上がるのか」欄も併せて読んでもらえれば、よりわかりやすくなります。

 

2023年度中学1年生3教科偏差値推移

(20234月号→20241月号)

           A  46 61 (+15)

B  52 65 (+13)

C  58 69 (+11)

D  62 70 (+8)

E  56 64 (+8)

F  52 64 (+8)

G  49 57 (+8)

H  58 65 (+7)

I  50 57 (+7)

J  57 62 (+5)

 

平均+9

 

〇お知らせ

 3月の授業から新中学2年生の授業時間が毎週月曜日と金曜日の週2回に変更になります。唯一平均点で他の2教科に後れをとっている国語の授業にある程度時間がとれるようになります。授業料は23,000円です。その他詳細はメールでお伝えします。

 

 

 (再掲) 

 成績を伸ばすのは簡単です。

 数学は復習の際にやり方を覚えるのではなく、授業中に全部頭に入れて、復習のときに自分の力で解き終えることが重要です。さもないと理解はしたのだがいざ問題を解こうとしても解けないということが多々あります。

 英語は音読です。毎日時間と文の個数を設定して、頭から意味をとりながらゆっくり読む。卒業した生徒は1文30回と言っていました。覚えようという意識は必要なく、体にしみこませることで、結果として覚えることが大切です。

 国語の読解も基本は音読です。言葉の意味を調べ、文の内容を理解したうえで音読します。以前国語が苦手な生徒が7回読むとかなり理解できると言っていました。もちろん漢字が読めない意味がわからないでは読解はできません。四字熟語、ことわざ、慣用句等、

「ことばの達人」を利用して完成させてください。

 後は生徒が実行するのみです。今からやればどこの高校でも合格します。頑張れ!

 

 

 

 

※音読(再掲)

 英語の音読がうまくいっていない生徒がいます。基本的には一文30回で、10回ずつ3日に分ける方が効果的です。50回できればなお良しです。回数は自分の感覚で調整してください。

 読むときには日本語の意味ではなく、英語のままイメージして頭から意味をとりながら読みます。文法事項とスペリングも意識しながら読みます。覚えようという意識は必要ありません。覚えるというよりも身につけるという感覚で、自然と体にしみこんでいつの間にか覚えてしまいます。

 これを続けるとテストで出る長文読解の英語も日本語に訳さずに英語のまま読みこなせるようになります。外国人との会話も可能になります。なお教材は教科書か当塾のテキストですが、時間に余裕があれば自分の判断で何かを探してもよいと思います。毎日根気よく続けてください。

 以前、英語だけが不得手な中学3年生がいて、その生徒が2学期から英語の成績がぐんぐん伸びてきました。その生徒は「ガンガン音読をしている」と言っていました。その「ガンガン」からその生徒がどのような熱量で音読したかが想像できます。その生徒は最終的には早稲田実業に合格しました。

 余談ですがその生徒がアルバイトをしていた南流山の駅前の飲み屋さんで、大学生になっていた彼と偶然出会いました。袖の下からそっと割引券を出してくれました。ばれると怒られると言っていました。