お問い合わせ

TEL:04-7159-8785

留守番電話になっているので、お名前と電話番号をお話しください。折り返しご連絡いたします。また下のお問合せをクリックすると、メールでの問合せができるので、そちらの方が便利です。なお時折返信がブロックされる場合があるので、電話番号もお書き添えください。


月・火・木・金
18:30~22:00

 

水・土

18:00~22:00

 

日曜日と祝祭日は休みです

 

お問合わせはこちらから

          お知らせ

 

○英語の音読 

 英語は毎日の音読で誰もが得意になれる教科です。中学1年生で毎日10分、2年生で20分、3年生は今の力によりますが、苦手な生徒は毎日1時間以上行うように言っています。生徒が確実に実行しているかご確認ください。また、音読の方法ですが、まず単元を限定して短文10個程度で個数を定めます。それを頭から意味がとれるスピードで文から目を離さずにゆっくり音読します。30回ほど読めば、自然に覚えます。その後、まだ時間に余裕があれば、また個数を定めて音読します。声量は普段の会話で使用している大きさが最もよいでしょう。英語が極端に不得手な場合はそれぞれ1回書き写すのも必要です。 

 

 

 

           コ ラ ム

 

              数 学

 数学が「苦手」な生徒には共通点がある。まず第一に、宿題の手抜き又は宿題をやらずに塾に来ることが多いということである。これはいわゆる「苦手」な生徒のほとんどにあてはまる。宿題をやらなければどの問題を自分が解けないのかもわからず、復習のやり様がない。実際は全部復習しなければならないのだが、宿題の手抜きをするような生徒がそのようなことをするわけがない。

次は授業中の態度の問題だが、解説をしているときに黒板から目が離れるという傾向がある。なぜ目が離れるのかというと、黒板を見て「考えていない」ということが原因だと思われる。ただ聞いているだけというよりは「聞こえている」だけになっている。考えていなければ理解は難しく、また重要なポイントが頭の中に入ってこない。 

そして最後は復習の問題だ。ただ単に終わらせるだけの復習になっており、たとえわからない個所があってもそれを質問等で解決しようとはしないで放っておく。学習とは今までわからなかったことを新たに理解できるようにすることだが、それを怠っては学習をしているとは言えない。

 数学が「苦手」な生徒はこの3つの原因をすべて持っているもので、例えば宿題を真剣にやるようになれば解説も真剣に聞くようになるし、復習も真剣に行うようになる。これを踏まえて、子供と話してみるとよいかもしれない。

 

1日ぐらい

 子供の学力が伸びない理由は多々ある。自分に甘い、というのが大きな理由のひとつだ。授業中に眠くなったとき、眠気を払おうとする生徒と、眠りの心地よさに負けてしまう生徒がいる。以前、絶対に眠らない生徒がいてその理由を尋ねると、この塾に入るときに絶対に眠らないと自分に誓ったそうだ。いい加減な私からすると、この意志力は称賛に値する。県立船橋高校に入学したのは当然である。

 

 英語のテストでも、絶対に合格するまで学習してくる生徒と、この程度でぎりぎり受かるだろうというところまでしかやらない生徒がいる。後者の生徒は学力を伸ばすことではなく合格することが目標になってしまっているため、どうしても学力は停滞する。前者の生徒は完全に身につけてきているので学力の上昇が見込まれ、なにごともないようにテストを受け、合格する

 

 生徒の学力とは心がけの問題であると思う。心がけの違いが大きな学力差を生む。ただしそれは子供だけではなくその親にも及ぶ。子供が調子が悪いと言えば簡単に休ませ、また家の用事とかで授業への出席を妨げる。講習や通常の授業を休ませて、旅行に行ってしまう家族もいる。「1日ぐらい」と思っているのかもしれないが、学究舎の1日は学校の1週間以上の授業内容に匹敵する。ましてや問題の深さと難しさは比べものにならないため、休み明けに来た子供はむだな苦労をしなければならない。そのような家庭の子供は真の力よりも低い成績に甘んじているはずで、親の甘さは決して子供に良い影響を与えないということを肝に銘じてほしい。